まぶたの障害

(1) 欠損障害
まぶたの欠損障害による等級認定基準は以下のとおりである。
等級: 後遺障害
第9級 4号: 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第11級 3号: 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第13級 4号: 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
第14級 1号: 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、閉瞼時(普通にまぶたを閉じた状態)に、
角膜を完全に覆い得ない程度のものをいう。

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、閉瞼時に角膜を完全に覆うことができるが、
球結膜(しろめ)が露出している程度のものをいう。

「まつげはげを残すもの」とは、まつげ縁(まつげの生えている周縁)の
1/2以上にわたってまつげのはげを残すものをいう。

(2) 運動障害
まぶたの運動障害による等級認定基準は以下のとおりである。
等級: 後遺障害
第11級 2号: 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第12級 2号: 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、開瞼時(普通に開瞼した場合)
に瞳孔領を完全に覆うもの又は閉瞼時に角膜を完全に覆い得ないものをいう。

(3) 併合
まぶたの障害において、系列を異にする2以上の障害が存する場合は、
併合して等級を認定することとなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ