脊髄空洞症とは

脊髄空洞症とは、脊髄髄内(実質内)に脊髄液が貯留し、空洞を形成した状態をいう。
また、脊髄髄内腫瘍と合併して脊髄空洞症を生じることもある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ