脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、何らかの理由で脊柱管が狭くなり、脊柱管内を走行している
神経組織(馬尾、神経根)が圧迫を受け、さらに歩行などの負荷がかかることにより、
下肢、会陰部への神経症状をきたす疾患をいう。

脊柱管は、その前面を椎体と椎間板により、側面から後面を椎弓根部、椎間関節、
椎弓板、黄色靭帯により囲まれ、その中に馬尾神経を入れた硬膜管と神経根がある。

この脊柱管が、椎間板の膨張や椎間関節の肥厚、黄色靭帯の肥厚等により狭くなり、
脊柱管内の馬尾神経や神経根が圧迫を受けることとなり、神経症状をきたすこととなる。

症状発現の機序としては、神経組織への物理的圧迫とそれによる血行障害の関与が考えられている。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ