後縦靱帯骨化症とは

後縦靱帯骨化症とは、脊椎椎体の後ろ側(脊髄の前方)にある後縦靱帯が
厚くなり骨に変わる病気である。

骨化した靱帯が神経(脊髄や神経根)を圧迫するため、神経麻痺の症状が発症し、
また、脊椎の動きに関わる柔軟性のある靱帯が伸縮不可能な骨に変わるため、
脊柱の動きが悪くなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ