麻痺の程度に関する表

程度 :高度
内容:障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、
障害のある上肢又は下肢の基本動作(下肢においては歩行や立位、上肢においては
物を持ち上げて移動させること)ができない

具体例
(ⅰ) 完全硬直又はこれに近いもの

(ⅱ) 上肢においては三大関節及び5つの手指のいずれの関節も自動運動に
よっては可動させることができないもの又はこれに近い状態

(ⅲ) 下肢においては、三大関節のいずれも自動運動によっては可動させることは
できないもの又はこれに近い状態

(ⅳ) 上肢においては、随意運動の顕著な障害により、障害を残した一上肢では
物を持ち上げて移動させることができないもの

(ⅴ) 下肢においては、随意運動の顕著な障害により一下肢の支持性及び随意的な
運動性をほとんど失ったもの

程度 :中等度
内容:障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作にかなりの制限があるもの

具体例
(ⅰ) 上肢においては、障害を残した一上肢では仕事に必要な軽量の物(概ね500g)を
持ち上げることができないもの又は障害を残した一上肢では文字を書くことができないもの

(ⅱ) 下肢においては、障害を残した一下肢を有するため杖もしくは硬性装具なしには
階段を上ることができないもの又は障害を残した両下肢を有するため杖若しくは硬性装具
なしには歩行が困難であること

程度 :軽度
内容:障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が多少失われており、障害のある上肢
又は下肢の基本動作を行う際の巧緻性及び速度が相当程度損なわれているもの

具体例
(ⅰ) 上肢においては、障害を残した一上肢では文字を書くことに困難を伴うもの

(ⅱ) 下肢においては、日常生活は概ね独歩であるが、障害を残した一下肢を
有するため不安定で転倒しやすく、速度も遅いもの又は障害を残した両下肢を有する
ため杖若しくは硬性装具なしには階段を上ることができないもの

この麻痺の範囲及び程度について、上記通達においては、身体的所見及びMRI、CT等
により裏付けられることが必要であるから、主治医の意見書に記載されている麻痺の
症状及び関節可動域の制限等との結果と、麻痺の範囲と程度との間に整合性があるか
否かを確認し、必要に応じて調査を行った上で障害等級を認定するものとされている。

具体的には、麻痺の症状の欄には弛緩性と、関節可動域の制限の欄には麻痺している
部分のいずれの関節も自動運動によっては全可動域にわたって可動させることができると
記載されているにもかかわらず、麻痺が高度とされている場合には、主治医に再度意見を
求める等の調査が必要であるとされる。

自賠責保険の後遺障害等級も、このような労災認定基準に準じ、身体的所見及びMRI、
CT等によって裏付けることのできる麻痺の範囲と程度により認定される。

脊髄損傷が問題となる各等級に該当する症状は下記の通りである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ