後遺障害等級認定基準(脊髄障害)

脊髄損傷によって後遺障害が残った場合、自賠責保険においてその障害の
程度に従い後遺障害等級の認定が行われることとなるが、その認定は原則
として労災保険の基準に準じて行われることは、高次脳機能障害において
述べたとおりである。

そして、労災保険における脊髄損傷による後遺症の等級認定基準も、
高次脳機能障害と同じく、平成15年8月8日付厚生労働省労働基準局長通達
(「神経系統の機能又は精神の障害に関する障害等級認定基準について」)
によってそれまでの基準が改正され、

①認定基準の明確性の向上を図る観点から、脊髄損傷に通常伴って生じる
神経因性膀胱障害等の障害も含めて評価すること、

②障害認定に当たっては、麻痺に着目し、麻痺の範囲及びその程度
麻痺の程度については下記の表参照)により障害等級を認定することとされた。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ