裁判例⑧(高次機能障害・将来介護費)

裁判例⑧京都地判平成16年8月25日(自保ジャーナル第1575号)
年齢 56歳(事故時)
性別 女子
傷害内容
左横隔膜ヘルニア、左脛腓骨骨折、骨盤骨折、左寛骨臼骨折、第2腰椎左横突起骨折、
脳挫傷、びまん性軸索損傷
自賠責等級 高次脳機能障害2級3号及び肩関節可動域制限12級6号等併合1級
被害者側の状況 記銘力低下、性格変化、判断力の低下、情動不安定
介護内容 介護及び看視
認定された介護費用 近親者日額2000円
原告の請求 近親者日額3000円

ア 認定の理由
裁判所は、原告の状態について、記銘力低下、性格変化など高次脳機能障害を
示す症状が認められ、判断力の低下や情動の不安定があって、一人で外出できず、
日常生活が自宅内に限定され、排泄や食事などは一人で可能であるといえても、
生命維持に必要な動作に家族からの声かけや看視を欠かすことができない状態に
あると認定した。

そして、原告の状態からは、介護及び看視が必要な状態にあると認められるが、
その必要性は主として看視であるとして日額2000円と算定した。

イ 本裁判例の検討
本裁判例は、近親者の介護であること及び介護の内容は主として看視であることを
理由に低額に算定している。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ