裁判例⑩(高次機能障害)

裁判例⑩岡山地裁倉敷支部平成18年11月14日
(自保ジャーナル第1680号)
年齢 28歳(事故時)
性別 男子
職業 不明
傷害内容 頭部打撲、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、右頬骨骨折、
両側慢性硬膜下出血脳挫傷、びまん性軸索損傷等
自賠責等級 高次脳機能障害3級3号、右同名半盲9級3号(併合2級)
比較基準
喪失率 100%
本判例等級 高次脳機能障害5級2号、右同名半盲9級3号(併合4級)
本判例認定喪失率 92%
備考 28歳男子について、症状固定後に後遺障害が改善していることを理由に、
4級相当の92%を認定した。

ア 認定の理由
原告は、自賠責保険において、既に行われた各種神経・心理学的検査等の
結果を踏まえて、高次脳機能障害について3級3号、半盲症(9級3号)と
併せて併合2級と認定されていたことから、その認定通り労働能力喪失率が
100%であると主張した。

これに対して被告は、原告の高次脳機能障害は、後遺障害診断書記載の
症状固定日以降も改善傾向にあり、少なくとも5級2号相当程度に留まることから、
右同名半盲と併せても併合4級相当に留まると反論した。

裁判所は、
①症状固定後における各種検査(改訂長谷川式簡易知能評価スケール、
HTP描画テスト)の結果が概ね改善傾向を示していること、

②症状固定後の診断結果を記載したカルテ等には、記憶力、易刺激性、衝動性、
意欲・自発性、持続力・持久力がある程度改善したことを示す記載があること、

③日常生活能力もある程度回復していること、

④医師が、症状固定以降に改善しており、今後も改善する可能性がある旨の
見解を出していること

等の事情を総合して、症状固定日とされている平成13年11月13日時点では
3級3号該当程度であったが、現時点(口頭弁論終結時)においては5級2号
(併合4級)程度には改善しているものの、改善はその程度に留まると判示した。

イ 本裁判例の検討
自賠責保険における認定は、医師によって症状固定とされた時点を基準として
なされるが、裁判所による、損害額算定の前提としての後遺障害の程度の認定は、
口頭弁論終結時を基準とされることから、両者の認定は別個の時点を基準として
なされることとなる。

本件では、両時点の間に、原告の高次脳機能障害が改善していることが
認められた事案であり、そのため、裁判所としても自賠責保険における認定を
そのまま支持することはできず、裁判時における原告の高次脳機能障害の程度を
改めて認定したものと思われる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ