裁判例⑨(高次機能障害)

裁判例⑨広島高裁松江支部判平成16年11月5日
(自保ジャーナル第1577号)
年齢 20歳(事故時)
性別 男子
職業 会社員
傷害内容 脳挫傷、左大腿骨折
自賠責等級 高次脳機能障害3級3号
比較基準
喪失率 100%
本判例等級 高次脳機能障害5級2号
本判例認定喪失率 79%
判旨
20歳男子会社員が、自賠責認定高次脳機能障害3級3号を残した事案につき、
定時制高校に通学・卒業し、一人で外出、買い物をしている等から、就労可能性を
否定することはできず、後遺障害は5級2号とし、労働能力喪失率は79%と認定した

ア 認定の理由

裁判所は、
①自動車教習所に通うほか、定時制の工業高校に通学し卒業していること、

②一人で徒歩あるいは自転車に乗って外出し、買い物をすることができること

等の状況から、被控訴人(原告)の就労可能性を否定することはできず、
後遺障害等級は、特に軽易な労務以外の労務に服することができないものとして
5級2号に相当すると認めるのが相当であるとして、100%の労働能力喪失率を
認めた原判決を変更し、労働能力喪失率を79%と判示した。

イ 本裁判例の検討
原判決においては、原告が、すぐに興奮したり、理由なく激怒したり、家庭内に
引きこもるようになり、人との応対も避け、一人で外出することができないという
具体的な症状、医師からは適切な治療方法がないと言われ、日常動作を自ら行える
患者を受け入れる適切な施設もないことが認められるとして、労働能力を100%
喪失しているとした。

しかし、上記のとおり、一人で外出し、外出先である程度の社会生活を営むことが
できたことから、この点が評価され、控訴審においては100%の喪失とはいうことは
できないと判断された。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ