裁判例⑧(高次機能障害)

裁判例⑧横浜地判平成18年11月8日(自保ジャーナル第1676号)
年齢 52歳(事故時)
性別 男子
職業 会社員
傷害内容
脳挫傷、頭蓋骨骨折、右第四指不全断裂、右橈骨遠位端骨折、両膝挫創、
右膝前十字靱帯損傷、右手関節・右手指拘縮、右外傷性視神経症
自賠責等級
高次脳機能障害3級3号、右視野欠損13級2号、左膝関節機能障害12級7号、
右手指機能障害11級9号(併合2級)
比較基準
喪失率 100%
本判例等級 高次脳機能障害5級2号、右視野欠損13級2号、
左膝関節機能障害12級7号、右手指機能障害11級9号(併合4級)
本判例認定喪失率 92%

概要
自賠責では高次脳機能障害3級等併合2級後遺障害を残し復職したものの、
2年で解雇された52歳男子会社員について、「単純な繰り返し作業をする
ことはできるが、新しい作業や職場に対する適応性にかけており、就労の維持には
職場の理解と援助が必要である」として、高次脳機能障害は5級(併合4級)とし、
労働能力喪失率は92%と認定した

ア 認定の理由
原告は、高次脳機能障害は3級3号に該当し、併合第2級の後遺障害を負ったと主張した。

他方、被告は、
①WAIS-R検査所見で著名な改善がみられること、
②原告が事故の約3年後に元の職場に復帰していること、
③労災では後遺障害等級第8級の認定に止まっていること
などを指摘し、原告の高次脳機能障害は後遺障害等級第9級10号
(神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に
制限されるもの)が相当であり、仮にこれより重いものと評価されるとしても、
後遺障害等級第7級4号(神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の
労務に服することができないもの)を上回るものではありえないと主張した。

裁判所は、
①原告が、人と話をしていてもすぐに忘れることについて困っており、精神能力
についても、自分で判断する能力に欠け他人(妻)に依存しがちであり、
言語についても会話において物忘れや記憶違い等で支障を感じることがあると、
労災保険の申請手続きの際に述べていること、

②原告が自家用車と電車を乗り継いで一人で通勤していたこと、

③復職後は書類のファイリングなどの仕事を単独でしていたが、集計作業などは
補助者が必要であったこと、

④通勤だけではなく買い物の際も自家用車を運転していること

などを認定したうえで、「原告は、単純な繰り返し作業をすることはできるが、
新しい作業や職場に対する適応性にはかけており、就労の維持には職場の理解と
援助が必要であるから、原告の高次脳機能障害は、特に軽易な労務以外の労務に
服することはできないものとして、後遺障害等級第5級2号に相当する
というべきである。」と判断した。

イ 本裁判例の検討
裁判所は、自賠責保険で3級3号と認定された原告の高次脳機能障害について、
上記のとおり、結果として5級2号に相当すると認定している。

この背景には、被告の反論のとおり、神経、心理学的検査で改善が見られること、
裁判時における原告の日常生活上、就労上の行動(特に自家用車を運転し、
通勤においてはさらに電車を乗り継いでいること。)を見れば、明らかに労働能力を
100%したとは言えないと判断したことがあるものと思われる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ