自賠責における障害等級認定基準

自賠責における後遺障害等級の基準は、自動車損害賠償保障法施行令2条の
別表において定められており、「等級の認定は、原則として労働者災害補償保険
における障害の等級認定の基準に準じて行う」とされている
(平成13年金融庁・国土交通省告示第1号「自動車損害賠償保険の保険金等及び
自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」)。

なお、自賠責保険においては、脳外傷による高次脳機能障害の等級認定にあたり、
従来の等級表に加え、高次脳機能障害認定システム確立検討委員会の
平成12年12月18日付報告書「自賠責保険における高次脳機能障害認定システムについて」
によって下記のような「補足的な考え方」が付された。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ