高次脳機能障害の意義

交通事故により脳に損傷を受けた被害者が、治療を経た結果、外見上は回復しているのに、
事故前と比較して人格や性格に変化を来し、あるいは記憶保持等の知的側面にも異常が
あるため、就労ができず、日常生活でもトラブルになる被害例が存在する。

自賠責保険における「脳外傷による高次脳機能障害」とは、脳外傷後の急性期に始まり
多少軽減しながら慢性期へと続く、下記のような特徴的な臨床像であるとされる
(自賠責保険における高次脳機能障害認定システム検討委員会「自賠責保険における
高次脳機能障害認定システムの充実について(報告書)」平成19年2月2日、以下
「自賠責平成19年報告書」という。)。

① 多彩な認知障害、行動障害および人格変化のような典型的な症状の出現
認知障害とは、記憶・記銘力障害、注意・集中力障害、遂行機能障害などをいい、
行動障害とは、周囲の状況に合わせた適切な行動ができない、複数のことを同時に
処理できない、行動を抑制できない、危険を予測・察知して回避的行動をすることが
できないなどをいい、人格変化とは、受傷前には見られなかったような、自発性低下、
衝動性、易怒性、幼稚性、自己中心性、病的嫉妬・ねたみ、強いこだわりなどをいう。

② 発症の原因および症状の併発
上記①の典型的な症状は、主として脳外傷によるびまん性脳損傷を原因として発症
するが、局在性脳損傷(脳挫傷、頭蓋内血腫など)との関わりも否定できず、実際の
ケースでは、両者が併存することがしばしば見られる。

③ 時間的経過
脳外傷による高次脳機能障害は、急性期には重篤な症状が発現していても、時間の
経過とともに軽減傾向を示す場合がほとんどであることから、後遺症の判定においては、
急性期の神経学的検査結果に基づくべきではなく、経時的に検査を行って回復の推移を
確認すべきである。

④ 社会生活適応能力の低下
①の症状が残った場合、社会生活への適応能力が様々に低下することが問題であり、
重症の事案では、就労や就学が困難になったり、介護を要する場合もある。

⑤ 見過ごされやすい障害
脳外傷による高次脳機能障害は、種々の理由で見落とされやすく、例えば、
急性期の合併外傷のために診療医が高次脳機能所具合の存在に気付かなかったり、
家族・介護者は患者が救命されて意識が回復した事実によって他の症状もいずれ
回復すると考えていたり、被害者本人の場合は自己洞察力低下のため症状の存在を
否定している場合などがあり得る。

ところで、精神的障害については器質性、すなわち脳が物理的にダメージを受けた
ことを原因とするものと、非器質性のものとに分類される。

自賠責保険における後遺障害の等級認定は、労災保険の後遺障害の等級基準に準じて
行われるところ、労災保険では、「高次脳機能障害は脳の器質的病変に基づくもの」
とされていることから、自賠責保険においても、高次脳機能障害として後遺障害の
認定を受けるためには、脳の器質的損傷の存在が前提となる。

そのため、本書では、単に「高次脳機能障害」と言う場合、特に断りのない限り、
器質的損傷を原因とする高次脳機能障害をいうこととする。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ