歯牙補綴を加えたもの

「歯牙補綴を加えたもの」とは、現実に喪失又は著しく欠損した歯牙に対する補綴をいう。
したがって、有床義歯又は架橋義歯等を補綴した場合における支台冠又は鈎の装着歯や
ポスト・インレーを行うに留まった歯牙は、補綴歯数に算入せず、また、喪失した歯牙が
大きいか又は歯間に隙間があったため、喪失した歯数と義歯の歯数が異なる場合は、
喪失した歯数により等級を認定する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ