咀嚼機能障害

咀嚼機能に関する裁判例では、労働能力の喪失率及び喪失期間が争われるケースが少なくなく、
裁判例①、②及び⑤のように喪失率や喪失期間を制限するものがある。

もっとも、裁判例③や④のように等級どおりの喪失率で67歳まで認めたものもあるが、
判決上は特に認定上重視した点については触れられていない。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ