耳鳴

耳鳴による等級認定基準は、以下のとおりである。

等級 :後遺障害
第12級 相当: 耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が
常時あると評価できるもの

第14級 相当: 難聴に伴い常時耳鳴があることが合理的に説明できるもの
耳鳴に係る検査とは、ピッチ・マッチ検査及びラウドネス・バランス検査をいい、
これらの検査によって耳鳴が存在すると医学的に評価できる場合には、「著しい耳鳴」
があるものとし、耳鳴りが常時存在するものの、昼間外部の音によって耳鳴が遮蔽
されるため自覚症状がなく、夜間のみ耳鳴の自覚症状を有する場合には、耳鳴が
常時あるものとして扱われる。

また、「耳鳴のあることが合理的に説明できる」とは、耳鳴の自訴があり、かつ、
耳鳴のあることが音響外傷等から合理的に説明できることをいう。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ