耳漏

耳漏による等級認定基準は、以下のとおりである。
等級: 後遺障害
第12級 相当: 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏が常時あるもの
第14級 相当: 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏があるもの
第14級 相当: 外傷による外耳道の高度の狭窄で耳漏を伴わないもの

鼓膜の外傷性穿孔及びそれによる耳漏は、手術的処置により治癒を図り、
そののちに聴力障害が残れば、その障害の程度に応じて等級を認定されることとなるが、
聴力障害が障害等級に該当しない程度のものであっても、常時耳漏があるものは第12級相当、
その他のもので耳漏があるものについて第14級相当として等級認定される。

なお、この耳漏は難聴を伴うものであり、聴力障害の場合と同様に聴力検査が必要となる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ