耳の障害についての後遺障害等級認定

耳の障害については、障害等級表において、聴力障害と耳介の欠損障害が定められているが、
障害等級表に定められていない障害(耳漏・耳鳴り)についても、その障害の程度に応じて、
相当等級が認定される。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ