半盲症・視野狭窄・視野変状とは

視野障害である「半盲症」「視野狭窄」「視野変状」とは、V/4視標による
8方向の視野の角度の合計が、以下の正常視野の角度の60%以下となった場合をいう。

方向: 視野 V/4
上 :60 (55-65)
上外 :75 (70-80)
外 :95 (90-100)
外下 :80 (75-85)
下 :70 (65-75)
下内 :60 (50-70)
内 :60 (50-70)
内上 :60 (50-70)

半盲症とは、視神経線維が、視神経交叉又はそれより後方において侵されるときに
生じるものであって、注視点を境界として、両眼の視野の右半部または左半部が
欠損するものをいう。

両眼同側が欠損するものは同側半盲、両眼の反対側の欠損するものは異名半盲という。

視野狭窄とは、視野周辺の狭窄であって、これには同心性狭窄と不規則狭窄とがある。
高度の同心性狭窄は、たとえ視力は良好であっても、著しく視機能を阻げ、
周囲の状況をうかがい知ることができないため、歩行その他の諸動作が困難となる、
また不規則狭窄には、上方におこるものや内方におこるもの等がある。

視野変状には、半盲症、視野の欠損、視野狭窄及び暗点が含まれるが、
半盲症及び視野狭窄については、障害等級表に明示されているので、
ここにいう視野狭窄については、暗点を視野欠損をいう。

なお、暗点とは、生理的視野欠損(盲点)以外の病的欠損を生じたものをいい、
中心性●液性脈絡網膜炎、網膜の出欠、脈絡網膜炎等にみられる。比較暗点とは、
V/4視標では検出できないが、より暗い又はより小さな視標では検出される暗点をいう。

また、網膜に感受不受部があれば、それに相当して、視野上に欠損を生じるが、
生理的に存する視野欠損の主なものはマリオネット盲斑(盲点)であり、
病的な視野欠損は、網膜の出欠、網膜動脈の閉塞等にみられる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ