著しい調節機能障害とは

「眼球に著しい調節機能障害を残すもの」とは、調節力が通常の場合の
1/2以下に減じたものをいう。

調節機能の検査には、アコモドポリレコーダーが用いられる。
調節力が1/2に減じているか否かは、障害の発生した眼が1眼のみであって、
障害の発生した眼の調節力に異常がない場合は、当該他眼の調節力との比較により判断する。

ただし、障害の発生していない眼の調節力が1.5D以下である場合や、
健眼がない場合に55歳以上の場合には、既に実質的な調節機能は失われていると
認められるので後遺障害の対象とならない。

また、両眼に障害が発生した場合および障害の発生した眼が1眼のみであるが
障害の発生していない眼の調節力に異常(調整力が1.5D以下)が認められる場合は、
年齢別の調節力を示す下表の調節力値との比較により判断する。

年齢(歳): 15: 20: 25: 30: 35: 40: 45: 50: 55: 60: 65
調節力(D): 9.7: 9.0: 7.6: 6.3: 5.3: 4.4: 3.1: 2.2: 1.5: 1.35: 1.3




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ