視力障害の発生原因についての検査方法

視力障害の発生原因としては、眼球の器質的損傷と視神経の損傷が考えられます。
眼球の器質的損傷については眼底検査等により判断されます。
視神経の損傷については、ERG検査やVEP検査により判断されます。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ