眼球の障害が2以上存する場合

同一眼球に、系列を異にする2以上の後遺障害が存する場合は、
認定実務上、併合の方法を用いて、相当等級を定めることとなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ