視力について

視力の測定は、原則として、万国式試視力表によって測定するが、
実際上これと同程度と認められる文字、図形等の指標を用いた試視力表
または視力測定法を用いてもよいこととされている。

また、障害等級表における視力は、屈折異常のあるものについては
矯正視力(眼鏡による矯正、医学的に沿うよう可能なコンタクトレンズによる
矯正または矯正によって得られた視力を含む)によるが、矯正が不能の場合は
裸眼視力によることとなる。

矯正視力による障害等級の認定は、以下によることとなる。

① 角膜の不正乱視が認められず、かつ、眼鏡による完全矯正を行っても不等像視
(左右両眼の屈折状態等が異なるため、左眼と右眼の網膜に映る像の大きさ、形が異なるもの)
を生じないものについては、眼鏡により矯正した視力を測定して障害等級を認定する。

② ①以外のものについては、コンタクトレンズの装用が医学的に可能であり、
かつ、コンタクトレンズによる矯正を行うことにより良好な視界が得られる場合には、
コンタクトレンズにより矯正した視力を測定して相当号級を認定することとなる。

③ 眼鏡による完全矯正を行えば、不当像視を生ずる場合であって、コンタクトレンズの
装用が不能な場合には、眼鏡矯正の程度を調整して不当像視の出現を回避し得る
視力により障害等級を認定することとなる。

④ コンタクトレンズの装用の可否および視力の測定は、コンタクトレンズを
医師の管理下で3か月間試行的に装用し、その後に行う。なお、コンタクトレンズの
装用が可能と認められるのは、1日に8時間以上の連続装用が可能な場合である。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ