眼の障害についての障害等級認定

眼の障害については、障害等級表上は、眼球の障害とまぶたの障害が定められている。
眼球の障害には、視力障害、調節機能障害、運動障害及び視野障害がある。

まぶたの障害には欠損障害と運動障害があるが、外傷性散瞳と流涙についても、それぞれ相当等級が認定される。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ