裁判例4 大阪地判平成9年1月24日(交民集30巻1号108頁)

裁判例4 大阪地判平成9年1月24日(交民集30巻1号108頁)
年齢 53歳(症状固定時)
性別 男子
事故日 平成3年11月10日
事故状況
原告が被害車両の運転席に乗車中、2回被告運転の加害車両に追突され、
被害車両はさらに前車に追突し、加害車両に追突されてから約3メートル
移動して停止した。

原告の主張する傷害内容  頸髄損傷、第6頸椎圧迫骨折
自賠責等級  9級10号
裁判所認定等級等 同上、喪失率35パーセント、
喪失期間67歳までの14年間

原告が主張する後遺障害の内容   四肢不全麻痺、筋力低下、
知覚鈍磨等

被告の主張
本件事故において頸椎圧迫骨折を起こすほど頸椎に激しい過屈曲ないし
過伸展が強いられたことはあり得ない。

仮に、本件事故で頸髄損傷が生じたならば、受傷直後の脊髄性ショック
による完全弛緩性麻痺が生じるはずであるが、弛緩性麻痺は認められて
いない上、上下肢とも腱反射亢進がないことから、頸椎捻挫にとどまる。

【裁判所の判断】
 裁判所は、脊髄損傷の中にはエックス線上、骨折や脱臼が認められない
症例が少なくなく、頸髄損傷には日常的であること、頸髄損傷は頸椎の
過伸展損傷によって生じることが多く、殊に骨棘や椎間板変性の高度な症例、
後縦靱帯骨化や先天的に生来脊柱管の狭い症例では、これらの諸変化を
準備的素因として、軽微な外傷でも頸髄損傷に陥ること、頸髄の外傷性の
傷害は他のレベルのものと比べると完全損傷は少ないこと、脊髄ショックは
不全損傷の場合はっきり現れない場合も考えられること、頸髄損傷の
発症については、本件事故後、知覚麻痺が上肢のみならず下肢にも
認められ、足クローヌス等反射が亢進している等脊髄に障害を負った
場合に見られるが、頸部捻挫とは相容れない症状が認められること等を
認定した。

そして、本件事故前に原告には、頸髄損傷に関連する既往症等は
発見されていなかったが、原告は上記のように頸髄損傷が発生し易い
状態にあったところ、このような状態の下で加わった本件事故の衝撃が
右疾患と共に原因となって、頸髄損傷が発生したと判断した。 

【本裁判例の分析】
本件は頸髄損傷の存否が争われた事案である。
裁判所は、後縦靱帯骨化や脊柱管狭窄などの症例では、軽微な外傷でも
頸髄損傷に陥ることや(要素③)、原告の症状の推移は脊髄損傷における
一般的な症状に合致している点があること(要素②)などから、
頸髄損傷が発生したと認めた。

なお、本件は素因減額についても争われたが、裁判所は原告が
後縦靱帯骨化症などの疾患に罹患していて頸髄損傷を起こしやすい
状態にあったところ、そのような状態の下で加わった本件事故の衝撃が
疾患とともに原因となっていたことを考慮し、損害の公平な分担の
見地から3割を減額した。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ