画像診断

(1) CT(computerized tomography:コンピュータ断層撮影)
X線装置とコンピュータを使って、人体の精密な横断断層像を撮影する
方法である。従来のX線撮影では解像できない低コントラストの組織を
鮮明に描出できる。

整形外科領域では、脊椎、骨盤疾患、腫瘍性病変などに特に有用である。
単純CTは、主に外傷による脱臼骨折や粉砕骨折時の脊柱管の状態把握や
脊椎腫瘍などの骨破壊映像の発見に威力を発揮する。脊髄造影、椎間板造影に
CTを併用すれば診断的意義が一層高まる。

最近では、3次元構築が可能である(3D CT)。

(2) MRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴映像)
生体を構成している原子核、主に水素原子核の核磁気共鳴現象
nuclear magnetic resonance(NMR)を画像化したものである。
NMRは、原子核が磁場中で特定の波長の電磁波を共鳴吸収しつつ、
ついで電磁波を放出する現象である。
同法は、以下の特徴が挙げられる。

① 非侵襲性で安全な検査である。

② コントラスト分解能が優れ、造影剤を用いることなく軟部組織を
描出することができる。

③ 任意の断面像が電気的操作のみで得られる。

④ 撮像法や撮像のパラメータ(T1(縦緩和時間)、T2(横緩和時間)、
水素原子核密度、流れ)を変化させると、情報の異なる画像が得られる。
T1強調画像では脊髄は中信号、髄液は低信号に描出され、T2強調画像では
髄液は高信号に描出される。

このように、コントラスト分解能が高いため、例えば、写真
(スタンダードp25図4)のとおり、X線側面像では一見異常がないように
見える場合でも、MRIのT2強調画像ではC7―T1脱臼骨折が確認できる。

(3) 造影検査
ア 脊髄造影(myelography ミエログラフィー)
脊柱管内の空間占拠性病変の有無、あるいは神経組織の圧迫状態を知る目的で、
脊髄くも膜下腔に専用水溶性造影剤を注入する方法である。脊髄、神経根等の
形態を観察するものである。

イ 椎間板造影(discography ディスコグラフィー)
椎間板腔に造影剤を注入し、髄核の形態、椎間板変性の程度、
および椎間板ヘルニアの有無を描出するものである。椎間板ヘルニアに
おける責任高位の診断には、造影所見のみならず、造影剤注入時の
症状再現の有無が有用である。

これらの造影検査は、侵襲的であるため、MRIの精度向上に伴い
その施行度は減少している。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ