総論

脊髄損傷の診断にあたっては、医師による問診や指針、触診のほか、
神経所見や画像診断が用いられ、後記Ⅵの後遺障害認定においても
非常に重要な資料とされる。

そこで、以下、各神経所見及び画像診断について説明する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ