脊髄損傷とは

脊髄損傷(spinal cord injuries)とは、脊髄を保護する役割を担っている脊椎が
鈍的外力により損傷されることによって発生する疾患である。受傷の原因としては、
本書で取り上げる交通事故や高所からの転落、墜落などが多い。

交通事故の損害賠償実務に携わる者としては、「脊髄損傷」と聞けば、
これによる麻痺や車椅子による生活をイメージすることも多いであろう。

本章では、まず、損傷の対象となる脊髄の構造や仕組み、脊髄が損傷を
受けることによる症状・後遺症を、図・イラストを用いて説明する。
そして、脊髄損傷による後遺症が、自動車損害賠償責任保険
(以下「自賠責」という。)において、いかなる等級に認定されるかを併せて説明する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ