履行の確保

一時金賠償方式においては、まとめて金銭を支払うことになるので、
支払われればその後の履行の問題は生じないが、定期金賠償方式では
将来にわたって長期間の継続的な支払いがなされることになるため、
たとえ口頭弁論終結時には加害者側の資力に余裕があったとしても
その後悪化した場合に支払いが滞るおそれがあるといえる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ