まとめ

肩甲骨についても,鎖骨と同様に考えられる。

すなわち,変形の有無のみで判断するのではなく,どのような症状が生じ,
就労にどのような影響を及ぼしているのかを具体的に明らかにすることが重要である(裁判例?)。

また,減収の有無も労働能力喪失及び喪失率の判断において,重要な影響を与えるため
(裁判例?),減収が生じていない場合には,なぜ生じていないのかという理由を
明らかにすることが必要である(裁判例?)。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ