裁判例

その他体幹骨の変形においては,裁判上もっぱらその労働能力喪失の有無,
喪失率や喪失期間が争点となる。

そこで,以下では,各体幹骨ごとに裁判上喪失率等がどのように扱われているのかを検討する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ