変形障害の裁判例

ア 総論

脊柱の変形障害においては,裁判上,まず,運動障害と同様に①脊柱圧迫骨折等器質的変化が
認められるのかが争点となる。特に,変形障害においては,運動障害と異なり,
基本的に変形のみで後遺障害と認定されるため,器質的変化の存在が重要である。

さらに,脊柱の変形障害においては,②器質的変化が認められるとしても,変形障害という
後遺障害の性質上,その労働能力喪失率をどのように判断するのかといった点がもっとも
問題となり,裁判上も激しく争われることが多い。

そこで,以下順に裁判例を検討していく。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ