総論

脊柱の障害は,大きく変形障害と運動障害に分けられ,さらに,その変形の程度または
運動制限の程度に応じて,等級に差が設けられている。

また,脊柱のうち、頸椎(頸部)と胸腰椎(胸腰部)とでは主たる機能が異なっている
(頸椎は主として頭部の支持機能を、また、胸腰椎は主として体幹の支持機能を担っている。)
ことから、障害等級の認定に当たっては、原則として頸椎と胸腰椎は異なる部位として取り扱い、
それぞれの部位ごとに等級を認定するものとして扱われている。

以下では,変形障害及び運動障害の後遺障害等級認定基準を説明する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ