加重

ア 次に揚げる場合においては、障害の程度を加重した限度で障害補償を行うこととなる。

(ア)下肢に障害を残す者が、同一系列内において新たな障害を残した場合

[例1]
1下肢をリスフラン関節以上で失った者が、さらに同一下肢を足関節以上で失った場合。

[例2]
1下肢の足関節に著しい障害を残し又はひざ関節の用を廃した者が、さらに同一下肢の
足関節以上を失った場合。

[例3]
1下肢の足関節の機能に障害を残す者が、さらに同一下肢の足関節の機能に著しい
障害を残した場合。

(イ)下肢に障害を残す者が、さらに既存の障害の部位以上を失った場合
(上記(ア)に該当する場合を除く。)

[例1]
1下肢の脛骨に変形を残す者が、同一下肢をひざ関節以上で失った場合

[例2]
1下肢を1センチメートル以上短縮した者が、同一下肢を足関節以上で失った場合。

[例3]
1下肢の下腿部に手掌大のケロイド瘢痕を残していた者が、同一下肢を
ひざ関節以上で失った場合

(ウ)1足の足指に障害を残す者が、さらに同一足指又は同一足の他指に
新たな障害を残した場合

[例]
1足の第5の足指を廃した者が、さらに同一足の第1の足指の用を廃した場合

(エ)左右両下肢(両足指含む。)の組合せ等級に該当する場合

1下肢に障害を残す者が、新たに他の下肢に障害を残し、又は同一下肢(足指含む。)
に新たな障害を残すとともに他の下肢にも障害を残した結果、次に揚げる組合せ等級に
該当するに至ったときの障害補償の額についても、加重として取り扱う。

a.両下肢をひざ関節以上で失ったもの(第1級の8)
b.両下肢を足関節以上で失ったもの(第2級の4)
c.両足をリスフラン関節以上で失ったもの(第4級の7)
d.両下肢の用を廃しもの(第1級の9)
e.両足指の全部を失ったもの(第5級の6)
f.両足指の全部の用を廃したもの(第7級の11)
   
   
その他、受傷内容の関係で、複数の系列の後遺障害に該当する場合であっても、それぞれが
派生関係とされる場合は、上位の等級をもって評価する。

例えば、関節を構成する長管骨の骨端部の欠損とそれによる関節機能障害が残存した場合や、
骨折後のゆ合不全による長管骨の変形とその部位に疼痛が残存する場合などである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ