準用

障害等級表上に、その属する系列はあるが、該当する障害がない場合は、
次により等級を認定することとなる。

ア 併合の方法を用いて準用等級を定める場合で、併合した結果序列を乱すこととなるときには、
直近上位又は直近下位の等級で認定する。

(ア)直近下位の等級に認定するもの

[例1] 
1下肢の足関節の用を廃し(第8級の7)、かつ、同一下肢をリスフラン関節以上で
失った(第7級の8)場合、併合の方法を用いると第5級となるが、1下肢を
足関節以上で失ったもの(第5級の3)には達しないので、準用第6級とする。

[例2]
同一下肢に足関節又はひざ関節以上の亡失(第5級の3又は第4級の5)と機能障害が
存する場合は、機能障害の程度に関わらず、前者については準用第5級、後者については
準用第4級となる。

(イ)3大関節の全てに同一の機能障害を残す場合の取扱い

1下肢の3大関節のすべての関節の機能に著しい障害を残すものは第8級、1下肢の
3大関節のすべての関節の機能に障害を残すものは、第10級に準ずる障害として取り扱う。

(ウ)1足の足指に、障害等級表上組合せのない欠損障害が存する場合

[例1]
1足の第2の足指を含め3の足指を失ったものは、「1足の第1の足指以外の4の足指を
失ったもの」(第10級の8)と「1足の第2の足指を含み2の足指を失ったもの」
(第12級の10)の中間に位し、第10級の8には達しないので、準用第11級とする。

[例2]
1足の第2の足指を含めた3の足指の用を廃したものは、「1足の第1の足指以外の
4の足指の用を廃したもの」(第12級の11)と「1足の第2の足指を含み2の足指の
用を廃したもの」(第13級の10)との中間に位し、第12級の11には達しないので、
準用第13級とする。

イ 他の障害の等級を準用するもの
(ア)下肢の動揺関節については、それが他動的なものであると、自動的なもので
あるとにかかわらず、次の基準によってその等級を認定する。

a. 常に硬性補装具を必要とするものは、第8級に準ずる関節の機能障害として取り扱う。
b. 時々硬性補装具を必要とするものは、第10級に準ずる関節の機能障害として取り扱う。
c. 重激な労働時の際以外には硬性補装具を必要としないものは、第12級に
準ずる関節の機能障害として取り扱う。

(イ)習慣性脱臼及び弾発ひざは第12級に準ずる関節の機能障害として取り扱う。

(ウ)足指を基部(足指の付け根)から失った場合は、「足指を失ったもの」に準じて取り扱う。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ