加重

(1)  次に掲げる場合においては、障害の程度を加重した限度で障害補償を行うこと。

ア  上肢に障害を残す者が、同一系列内において新たな障害を残した場合

【例1】
1上肢を手関節以上で失っていた者が、さらに同一上肢をひじ関節以上で失った場合

【例2】
1上肢の手関節の機能に障害を残す者が、さらに当該手関節の機能に著しい障害を残した場合

【例3】  
1上肢の橈骨及び尺骨に変形を残す者が、さらに同一上肢の上腕骨に偽関節を残した場合

イ  上肢に障害を残す者が、既存の障害の部位以上を失った場合
(上記アに該当する場合を除く。)

【例1】  
1上肢の橈骨及び尺骨に変形を残す者が、さらに同一上肢をひじ関節以上で失った場合

【例2】  
1手の手指を失い又はその機能に障害を残す者が、さらに同一上肢を手関節以上で失った場合

ウ  1手の手指に障害を残す者が、さらに同手指又は同一手の他の手指に
新たな障害を残した場合

【例1】
1手の小指の用を廃した者が、さらに同一手の中指の用を廃した場合

【例2】
1手の母指の指骨の一部を失っていた者が、さらに同指を失った場合

エ  左右両上肢(両手指を含む。)の組合せ等級に該当する場合
1上肢に障害を残す者が、新たに他の上肢に障害を残したとき、又は同一上肢
(手指を含む。)に新たな障害を残すとともに他の上肢にも障害を残した結果、
次に掲げる組合せ等級に該当するに至ったときの障害補償の額についても、
加重として取り扱うこと。

  (ア)  両上肢をひじ関節以上で失ったもの(第1級の6)
  (イ)  両上肢を手関節以上で失ったもの(第2級の3)
  (ウ)  両上肢の用を全廃したもの(第1級の7)
  (エ)  両手指の全部を失ったもの(第3級の5)
  (オ)  両手指の全部の用を廃したもの(第4級の6)
(2)  手指の障害のうち、加重後の障害の該当する障害等級に応ずる障害補償の額
(日数)から、既存の障害の該当する障害等級に応ずる障害補償の額(日数)を
差し引いた額(日数)が、新たな障害のみを残した場合の障害補償(日数)を
下回る場合には、新たな障害のみを残したものとみなして取り扱うこと。

【例1】
1手の示指及び中指を亡失していた(第9級の8、給付基礎日額の391日分)者が新たに
環指を失った場合、加重後の障害は第8級の3(給付基礎日額の503日分)に該当するが、
第8級の3の障害補償の額(503日分)から第9級の8の障害補償の額(391日分)を
差し引いた額(日数)は、環指のみを失った場合の障害補償の額(第11級の6、223日分)を
下回るので、障害補償の額は、環指のみを失ったものとみなして算定する。

【例2】  
1上肢の手関節及びひじ関節の用を廃していた(第6級の5)が、新たに中指の指骨の
一部を失った場合、加重後の障害は準用第6級で、加重前と同等級であるから、
障害補償の額は、新たな障害のみを残したものとみなして算定する。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ