併合

(1) 系列を異にする障害が2以上ある場合には、労災則第14条第2項及び第3項により
併合して等級を認定すること。

【例1】
右上肢を手関節以上で失い(第5級の2)、かつ、左上肢の1関節の用を廃した(第8級の6)
場合には、併合第3級とする。

【例2】
右手の示指を失い(第11級の6)、かつ、左手の示指を失った(第11級の6)場合は、
併合第10級とする。
ただし、併合した結果序列を乱すこととなる場合は、直近上位又は直近下位の
等級で認定すること。

【例】
1上肢を手関節以上で失い(第5級の2)、かつ、同一上肢の上腕骨に第7級の9のゆ合不全を
残した場合には、併合すると第3級となるが、ひじ関節以上の亡失(第4級の4)には
達しないので、併合第5級とする。

このように、同一上肢に手関節以上又はひじ関節以上の亡失(第5級の2又は第4級の4)と
長管骨の変形障害を残す場合は、変形障害の程度にかかわらず、前者については併合第5級、
後者については併合第4級となるものであること。

(2)  次の場合には、併合によることなく、それぞれに示すところにより等級を
定めること。

ア  組合せ等級が定められている場合

【例】
左右の上肢の用をともに全廃した場合、右上肢の用を全廃したもの(第5級の4)と
左上肢の用を全廃したもの(同前)とを併合するのではなく、障害等級表に定められた
「両上肢の用を全廃したもの」(第1級の7)とする。

イ  通常派生する関係にある場合

【例1】
橈骨の遠位骨端部のゆ合不全又は欠損(第12級の8)と手関節の著しい機能障害
(第10級の9)を残す場合には、上位の等級である第10級の9と認定する。

【例2】
上腕骨若しくは橈骨及び尺骨の骨折部にゆ合不全又は変形を残すとともに、その部位に
疼痛を残す場合には、いずれか上位の等級によることとなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ