上肢・下肢における複数の障害の残存と等級認定

上肢・手指における複数の障害が残存した場合、単純に等級を併合等すると、
等級評価の序列を乱すことがあるため、以下のような労災の等級認定基準が準用され、
自賠責の等級が認定されることとなる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ