下肢障害

下肢の後遺障害としては、切断、骨折、脱臼、神経麻痺などによって、
欠損障害、機能障害、変形障害などがある。

1 下肢の構造
2 欠損障害・短縮障害
ア 後遺障害等級認定基準

a 欠損障害・短縮障害の意義 
下肢の欠損障害とは、下肢の全部または一部を失った場合をいう(足指に関しては後述)。
下肢短縮障害とは、上前腸骨棘と下腿内果下端の長さを測定して、
健側と比較して短縮した場合をいう。

b 認定基準
下肢欠損障害、短縮障害の認定の基準は以下の通りである。

下肢欠損障害
1級5号 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
ひざ関節以上で失ったものとは、次のいずれかに該当するものをいう。
a. 股関節において寛骨と大腿骨を離断したもの
b. 股関節とひざ関節との間において切断したもの
c. ひざ関節において、大腿骨と脛骨及び腓骨とを離断したもの。

2級4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
足関節以上で失ったものとは、次のいずれかに該当するものをいう。
a. ひざ関節と足関節との間において切断したもの
b. 足関節において、脛骨及び腓骨と距骨とを離断したもの。

4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの

4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
リスフラン関節以上で失ったものとは、次のいずれかに該当する場合をいう。
a. 足根骨(踵骨、距骨、舟状骨、立方骨及び3個の楔状骨からなる。)
において切断したもの。
b. リスフラン関節において中足骨と足根骨とを離断したもの。

5級5号 1下肢を足関節以上で失ったもの

7級8号 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

短縮障害
8級5号 1下肢を5cm以上短縮したもの

8級相当 1下肢が5cm以上長くなったもの

10級8号 1下肢を3cm以上短縮したもの

10級相当 1下肢が3cm以上長くなったもの

13級8号 1下肢を1cm以上短縮したもの

13級相当 1下肢が1cm以上長くなったもの

c 認定のポイント
欠損障害、短縮障害共に、画像より明らかであることが多いと考えられるので、
等級認定自体が争いになることは少ないと考えられる。
なお、下肢短縮の測定方法としては、直接、上前腸骨棘と下腿内果下端の長さを
測定する場合もあるが、X線写真を用いる場合もあり、下肢長に疑義がある場合には、
X線写真による測定方法が用いられる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ