後遺障害等級認定基準

a 変形障害の意義

変形障害とは、偽関節を残すもの又は長管骨にゆ合不全を残すものをいう。
偽関節とは、一般に、骨折等による骨片間のゆ合機転が止まって異常可動を示すものをいう。

b 認定基準
等級 7級9号
後遺障害 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするものをいう。
(ア)上腕骨の骨幹部又は骨幹端部(以下「骨幹部等」という。)にゆ合不全を残すもの
(イ)橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもの

等級 8級8号
後遺障害 1上肢に偽関節を残すもの
「偽関節を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。

(ア)上腕骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、上記7級9号の(ア)以外のもの
(イ)橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、
上記7級9号の(イ)以外のもの
(ウ) 橈骨又は尺骨のいずれか一方の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、
時々硬性補装具を必要とするもの

等級 12級8号
後遺障害 長管骨に変形を残すもの
上肢の「長管骨に変形を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。
なお、同一の長管骨に以下の(ア)から(カ)の障害を複数残す場合でも、
12級8号と認定する

(ア)次のいずれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度
(15度以上屈曲して不正ゆ合したもの)以上のもの

a 上腕骨に変形を残すもの
b 橈骨及び尺骨の両方に変形を残すもの(ただし、橈骨又は尺骨のいずれか一方のみの
変形であっても、その程度が著しいものはこれに該当する。)

(イ)上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部にゆ合不全を残すもの

(ウ)橈骨又は尺骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、硬性補装具を必要としないもの

(エ)上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

(オ)上腕骨(骨端部を除く)の直径が2/3以下に、又は橈骨若しくは尺骨
(それぞれの骨端部を除く)の直径が1/2以下に減少したもの

(カ)上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形ゆ合しているもの
この場合、50度以上回旋変形ゆ合していることは、次のいずれにも該当することを
確認することによって判定すること。

a 外旋変形ゆ合にあっては肩関節の内旋が50度を超えて可動できないこと、また、
内旋変形ゆ合にあっては肩関節の外旋が10度を超えて可動できないこと
b エックス線写真等により、上腕骨骨幹部の骨折部に回旋変形ゆ合が明らかに認められること

なお、長管骨の骨折部が良方向に短縮なくゆ着している場合は、たとえ、その部位に
肥厚が生じていても長管骨に変形としては取り扱わないこと。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ