後遺障害等級認定基準

a 機能障害

(a) 機能障害の意義
機能障害とは、肩・肘・手の3大関節の動きの障害であり、その程度および障害が
両上肢に生じたか、一方の上肢に生じたかによって等級が認定される。

(b) 認定基準
等級 1級4号
後遺障害
両上肢の用を全廃したもの
「上肢の用を廃したもの」とは、3大関節(肩関節、ひじ関節及び手関節)のすべてが
強直し、かつ、手指の全部の用を廃したものをいう。
上腕神経叢の完全麻痺もこれに含まれる。

等級 5級6号
後遺障害 1上肢の用を全廃したもの
「上肢の用を廃したもの」とは、3大関節(肩関節、ひじ関節及び手関節)の
すべてが強直し、かつ、手指の全部の用を廃したものをいう。
上腕神経叢の完全麻痺もこれに含まれる。

等級 6級6号
後遺障害 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。

(ア)関節が強直したもの
ただし、肩関節にあっては、肩甲上腕関節がゆ合し骨性強直していることが
エックス線写真により確認できるものを含む。

(イ)関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの
「これに近い状態」とは、他動では可動するものの、自動運動では関節の可動域が健
側の可動域角度の10%程度以下となったものをいう。この場合の「10%程度以下」
とは巻末資料(※関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領)の
第1の2の(1)の「関節の強直」の場合と同様に判断すること。

(ウ)人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可
動域角度の1/2以下に制限されているもの

等級 8級6号
後遺障害 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。

(ア)関節が強直したもの
ただし、肩関節にあっては、肩甲上腕関節がゆ合し骨性強直していることが
エックス線写真により確認できるものを含む。

(イ)関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの
「これに近い状態」とは、他動では可動するものの、自動運動では関節の可動域が
健側の可動域角度の10%程度以下となったものをいう。この場合の「10%程度以下」
とは巻末資料(※関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領)の
第1の2の(1)の「関節の強直」の場合と同様に判断すること。

(ウ)人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の
可動域角度の1/2以下に制限されているもの

等級 10級10号
後遺障害 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。

(ア)関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの

(イ)人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節のうち、上記「関節の用を廃したもの」
の(ウ)以外のもの

等級 12級6号
後遺障害 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の
3/4以下に制限されているものをいう。

(c) 認定のポイント
関節の可動域制限は、その可動域角度の違いが大きく等級に影響を及ぼす。
その認定にあたっては当然、後遺障害診断書記載の可動域角度が重要になるため、
その検査、記載事項の検討にあたっては、「関節の機能障害の評価方法及び
関節可動域の測定要領の記載事項」(巻末)を理解し、参考可動域も念頭におきつつ、
正しい検査がなされるよう(なされたか)注意が必要である。

また、機能障害が認定されるためには、原則として器質的損傷が必要とされる。
関節部分の骨折後の癒合不良、関節周辺組織の変性による関節拘縮、神経の損傷などの
器質的損傷がない限り、将来にわたり障害が残存するとは考えられないためであり、
動きが制限される原因を明確にしておくことが重要である。

b 動揺関節

(a) 動揺関節の意義
関節の安定性が損なわれ、正常では存在しない異常な関節運動が生じている関節を
動揺関節という。その原因を、神経性、靱帯性、骨性に分けることができるが、
特に靱帯損傷や骨の形態異常が原因で異常な関節運動が生じている場合を
関節不安定性という(標準整形外科学102頁)。

(b) 認定基準
上肢の動揺関節については、それが他動的なものであると、自動的なものであるとに
かかわらず、次の基準によってその等級を認定することとなる。

等級 認定基準
10級(準ずる) 常に硬性補装具を必要とするもの
12級(準ずる) 時々硬性補装具を必要とするもの
12級(準ずる) 習慣性脱臼




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ