変形性頸椎症に関する裁判例

加齢に通常伴う程度の変性であれば個体差として当然その存在が予定されているので、
既往症減額がなされないことになる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ