ヘルニアに関する裁判例

減額される事情としては、事故前からヘルニアが発症していたこと、事故による衝撃が少ないこと、
予め衝突に備えて身構えていたことなどがある。他方、減額されない方向にいく事情としては、
事故前にヘルニアが発症していなかったこと、事故による衝撃が大きいこと、当該年齢の
平均の範囲を超える疾患にあたらない場合、事故前に生じていなかった症状があることなどがある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ