筋電図検査

神経細胞より発した末梢あるいは中枢に伝導する活動電位を記録する検査である。

神経細胞より発した活動電位を表面電極あるいは針電極を用いて記録して感覚神経や
運動神経の伝導速度(神経を伝わる早さ)、神経や筋肉の機能を測ることができる。

 神経伝導速度検査
2点の神経刺激によって得られた筋電位(M波)の潜時差と刺激間距離を図るもの
(MCV)と、刺激による神経電位の潜時と、刺激点と記録点の距離から求めるもの
(SCV)と2種類がある。

末梢神経障害があると伝導速度が低下する。

 サーモグラフィ
対象物から出ている赤外線放射エネルギーを検出し、見かけの温度に変換して、
温度分布を画像表示する装置である。

熱の伝達に関与する器官の機能評価及び疾患の診断に使用される。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ