末梢神経とは

(1)定義
 末梢神経とは、中枢神経である脳及び脊髄から出る神経のことを言う。脳脊髄神経
(脳神経及び脊髄神経)と自律神経(交感神経及び副交感神経)とに区別できる。

(2)末梢神経障害の症状
ア 運動麻痺
中枢性運動麻痺(上位運動ニューロン障害)と末梢性運動麻痺(下位運動ニューロン障害)
とがある。
中枢性運動麻痺では、大脳、脳幹、脊髄に至る皮質脊髄路の障害で出現し、深部腱反射亢進、
病的反射が出現する。
末梢性運動麻痺では、筋緊張の減退・消失、反射の減弱・消失、筋萎縮、末梢神経支配領域に
対応した知覚障害が生じる。筋肉と末梢神経の支配は表のとおりである。

イ 感覚障害
損傷を受けた神経の支配する皮膚の領域に感覚障害が出現する。
感覚障害の領域と損傷されたとされる神経支配領域を対照することによって、
神経損傷の有無が明らかになる。

ウ 神経根障害
神経痕の障害レベルには、遮断、圧迫があり、圧迫には程度がある。
この障害レベルは、筋力、知覚、反射を検査することによって認識できる。
例えば、神経痕が遮断された場合、脱神経を引き起こし、その支配筋は弛緩性麻痺を
起こす。錐体路、脊髄視床路などの長経路が遮断されたときは痙性麻痺、触覚や痛覚の
脱失が起こる。
神経痕への圧迫がある場合、反射の減退が生じ、上位運動ニューロンから反射調整機序が
失われると反射の亢進が生じる。

エ 自律神経障害
自律神経の障害により、発汗障害、血管運動障害、栄養障害が生じる。
この点、交感神経の障害により皮膚の汗腺からの発汗が障害されて乾燥する。また、
交感神経が遮断されると血管運動障害が生じ、その支配領域の血管は拡張して血流が増大し、
皮膚は紅潮し温度が上昇する。

なお、栄養障害により皮膚萎縮、皮下脂肪組織萎縮、結合組織萎縮、爪萎縮、骨萎縮が生じる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ