てんかんの診断

てんかんは、医師を始めとして多くの医療従事者が係わる疾患であるが、
てんかんではない、てんかん類似の疾患あるいは状態が多く、専門以外の医師によって
誤った診断がなされる確率が高いと言われている。

てんかんの診断は、その診断をするためのしかるべきトレーニングを受け、持続的な診療を
続けている医師によってなされるべきであり、内容的には、てんかんであることの診断
だけでなく、その分類にまで及ばなければ不十分であると言われる。

てんかん診断においては、以下に述べるような発作の型の特定や脳波検査が重要であり、
MRI、CT等の画像診断は発作の原因等を判断するのに有用である。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ