はじめに

交通事故の損害賠償請求においては,紛争を早期的一回的に
解決できることから,通常,請求額を一括で支払えとする
一時金賠償方式によって請求されることが多い。

しかし,脊髄損傷でも問題となることが多い損害項目である
将来介護費用などが請求に含まれる事案では,口頭弁論終結時において
将来の不確実な介護費用を確定しなければならないため,
その確定すべき金額に合理性があるのかという観点から,
原被告間で激しい争いになる恐れがある。

そこで,このような事案においては,定期金賠償方式による解決が行われることがある。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ