将来の雑費

脊髄損傷のように重度の後遺障害が残った場合には、紙おむつ等の
衛生用品が継続的に必要となることが多く、将来の雑費として
認められるものがある。

しかし、将来の雑費の算定においては、健常人の日常生活においても
必要とされる食費、日用品購入等については、生活費として考慮される
べきものであり、損害賠償の対象となる雑費としては認められないものもある。

また、将来の雑費として請求するものが、将来の治療費や介護費用に
含まれるものであれば、二重に請求していることになるため
認められないこととなる。

認定された将来雑費については、日額1000円
(名古屋地判平成20年12月2日)あるいは1500円
(東京地判平成20年1月30日)程度として計算するものと、
より細かく個々の費用を分析して算出しているもの
(名古屋地判平成20年1月29日、痰を切るために使用する器具の
レンタル費用とその他のおむつ、ガーゼ等の介護用品を分けて算出)
とに分かれる。一般的には、現在の介護状態が続くのであれば、
実際にかかっている費用を具体的に主張・立証することが不可欠である。

なお、裁判例上認められた雑費としては、摘便用手袋、落とし紙、
ベビーオイル、ティッシュペーパー、特殊箸、特殊フォーク
(大阪地判平成19年7月26日)、カテーテルやその消毒器具、
冷却シート(千葉地佐倉支部判平成18年11月29日)、
人工導尿のために、ネラトンカテーテル、セルフカテーテルセット、
オールシリコンバルーンカテーテル、レッグパック、排尿袋である
ハイポット、コンビーン、集尿袋であるユーローズバック、
医療用粘着テープ、ゴム手袋(東京地判平成17年10月27日)、
尿器、プラスチック手袋、ヒビスコール、濡れティッシュ、
おむつ拭きティッシュ、チューブクリップ、リハビリのための
プライムウオーク用靴(名古屋地判平成17年10月4日)などの費用がある。

a 認めた裁判例
裁判例 東京地判平成20年1月30日
(自保ジャーナル第1738号)
年齢 25歳(事故時)
性別 女子
後遺障害の
内容 頚椎損傷による四肢麻痺及び呼吸筋麻痺
自賠責等級 1級1号

被害者側の状況
事故後、現在(口頭弁論終結時)に至るまで頸髄損傷による四肢麻痺の
状態で入院中であり、日常生活はほぼ全介助の状態。

認定された内容
被害者が将来平均余命期間にわたって入院治療を継続するか否かは
証拠上明らかではないとしつつ、被害者の後遺障害及び程度からして、
オムツ等の雑費を要することは明らかであり、1日当たり1500円を
認めるのが相当であるとし、平均余命まで中間利息を控除して
1027万1373円を認めた。

本裁判例は、被害者が四肢麻痺等重度の後遺障害を負っていることから、
通常、症状固定時までの入院雑費として認められる日額1500円と
同じ金額を、将来雑費としても認めたものである。

症状固定前とほぼ変わらず入院を続けているということを
重視したものと思われる。

b 否定した裁判例
裁判例 大阪地判平成17年9月21日
(自保ジャーナル第1630号)
年齢 59歳(症状固定時)
性別 男子
後遺障害の
内容 頚椎脱臼骨折に起因する四肢麻痺等
自賠責等級 1級1号
被害者側の状況
被害者の介護として、バイタルサインチェック、褥創の処置、体位変換、
排尿及び排便状況の観察、膀胱洗浄、摘便、洗顔、歯磨き、ひげ剃り、
洗髪、爪きり、入浴、清拭、着替え、おむつ交換、食事及び飲水介助、
四肢及び体幹の関節・筋の退化防止(リハビリテーション)などの
作業ないし処置が必要となる。

認定された内容
被害者は、生涯にわたって紙おむつ・尿取りパッド・タオル・
ティッシュペーパーなどを消費し続けるため、介護雑費が必要と主張するが、
健常者も生活に当たって雑費は必要であり、逸失利益の算定に際しては
生活費控除をしていないところ、介護雑費は生活費の中から支出される
べきものであるから、別途介護雑費を損害として認めることはできない。

本裁判例は、被害者に介護雑費が必要となることを認めつつも、
介護雑費は生活費の中から支出されるべきものとして、別途介護雑費を
損害として認めなかったものである。

介護雑費が健常者の生活費以上にかかっている場合には、その部分を
具体的に主張・立証する必要があることを示すものである。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ