リハビリテーションの過程

脊髄損傷者の受傷から、社会復帰に至るまでの過程は下記のように考えられる。
初期治療は、原因にもよるが、総合病院のICUまたは脳外科や整形外科の
一般病棟に入院し行われる。その時点ですでに急性期のリハビリテーションが
開始される。

その後全身状態が落ち着いたら本格的なリハビリテーションが始まる。
慢性期リハビリテーションは総合病院のリハビリテーション病棟、
回復期病棟、リハビリテーション病院やリハビリテーションセンターと
いわれるところで行われるが、転棟や転院が遅れる場合には、急性期を
過ごした病棟で始められる。

病院で行われるリハビリテーションを医学的リハビリテーションといい、
社会生活が営めるためのADL(日常生活活動)の自立、あるいは家族への
介護指導がそのゴールになる。

医学的リハビリテーションが終了した段階で条件が整えば、そのまま社会復帰を
するが、そうでない場合にはその後の社会的リハビリテーションが必要となり、
職業訓練、さらなる自立に向けたリハビリテーションを受けるための
更生援護施設の利用などが行われる。

前述のように、医学的リハビリテーションにおいては、医師や看護師だけでなく、
移動機能(車椅子駆動、移乗など)のチェックと訓練、関節可動域訓練、
筋力強化など、粗大な運動機能(大きな筋肉を使った大きな動き)の改善を
行う理学療法士(PT)や、ADL(日常生活活動)訓練を行い、
必要に応じて自助具を作製したり、また手の機能改善のための筋力強化や
関節可動域訓練、巧緻性改善のための訓練を行う作業療法士(OT)など
様々な専門職が関わる。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ