リハビリテーションの内容

リハビリテーションは、亜急性期(急性期の後)に実施する前期訓練と、
慢性期から症状が固定してくる時期にかけて実施する後期訓練とに分けられる。

前期訓練では主として運動機能や身体機能のレベルを改善していくことに
重点がおかれ、後期訓練では生活や仕事のための能力開発へと重点が
移されていく。

医師や看護師に加えて、理学療法士や作業療法士、リハビリテーション・
スポーツ指導者といった様々な専門職がリハビリテーションを
支援することとなる。

脊髄損傷の中でも特に重度の後遺症が生じる頸髄損傷の場合の具体的な
訓練プログラムの例としては以下のようなものになる。

なお、理学療法とは「身体に障害のある者に対し、主として
その基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、
及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」をいい、
作業療法とは「身体又は精神に障害のある者に対し、主として
その応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、
工作その他の作業を行わせること」をいう(理学療法士及び作業療法士法)。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ

0120-949-753

このページの先頭へ